ホーム>店長ブログ>産後骨盤調整
店長ブログ

産後骨盤調整

産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くことです。歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなるといわれています。

また、横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらは体を歪める姿勢なので、産後2〜3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると、骨盤がさらに歪んでしまいます。

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。基本的には、産後6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後6ヶ月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、ゆがみが強い場合は矯正するのが大変になることもあります。できれば、そうなる前に骨盤矯正を開始しておきたいですね。

kotubann.pngkotubann2.png

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.katakoriracoon.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/216