ホーム>店長ブログ>腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛
店長ブログ

腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛

キャンペーン5月.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

なぜ、腰に「異常がない」のに、腰が痛いのか?

レントゲンやMRIによる診察で、腰に異常がない場合も多くあります。厚生労働省資料によるとなんと腰痛の85%が、レントゲンなどの画像診断で異常が見えない腰痛とされています。

 

そのため医師からは「安静にして様子を見ましょう。」と伝えられ、「痛み止め」や「注射」で痛みをごまかし、緩和させる方法が取られます。

こうして、腰痛の本当の原因がわからないまま、ブロック注射や薬、手術など対症療法的に治療が続けられる例が多数みられます。

 

突然、腰が痛くなる「ぎっくり腰」の多くも
レントゲンやMRI検査で見つけることができません。

こうして、腰痛の85%の原因がわからないとされているのに、治療が行われ、腰痛が治らずに多くの患者は悩み続けています。

 

病院で腰痛の原因が分からないのには理由があります。
その1つの理由は、レントゲンやMRIでは、骨の部分的な異常は目で見て発見できても、筋肉の委縮や硬直など、「体全体」は見ていないからです。

腰痛の本当の原因については次回!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.katakoriracoon.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/225