2019年2月

肩甲骨はがしが必要な方

肩甲骨周りの動きが悪くなる原因とその影響

肩甲骨は本来背中の上部、胸の真後ろに位置し、自由に動くのが理想的です。

しかしデスクワークやパソコン作業、スマホの操作などを長時間行っていると猫背になりやすく、肩甲骨が横に広がってしまいがち。
また重い荷物をいつも同じ側で持ったり、どちらか片方の足に重心をかけて立つクセがある人は、身体が左右非対称に歪んでいて、肩甲骨も左右で高さがズレてしまっている場合があります。

肩甲骨周りに影響を及ぼすのは、身体的なクセだけではありません。心的ストレスが溜まってくると、肩が内側に入り背中が丸まってしまうため、肩甲骨がハの字に広がって胸の中心が閉じている状態に。

この姿勢が続くと呼吸も浅くなって内臓が圧迫されるため、胃腸の不調や便秘を起こしやすくなります。


このようにゆがみが生じた状態で肩甲骨周辺の筋肉が硬直すると、肩周りの動きが悪くなって肩こりや頭痛を招き、ひどくなると耳鳴りやめまい、さらに悪化すれば自律神経失調症を引き起こす可能性もあります。

これが、いわゆる“肩甲骨が背中に張り付いている”状態です。

肩甲骨.png

 

頭の横がガンガン痛い方

ブログ画像

今日の内容は頭痛の原因は色々ありますが、例えば筋肉が固くなっっている、血液の不善、神経が圧迫などがありますが、

ほとんどの場合が肩甲骨周りと首周りの筋肉が固くなって頭痛が出ていること多いです。
どこの筋肉かといいますと僧帽筋、画像をみていただくと頭にもついてるですね。

頭にもついてるので、固くなって血流がわるくなったり神経を圧迫したり擦れてしまったりすることで
頭がガンガンしたり、締め付けられるような痛みがでます。ブログ画像

あと側頭筋!側頭筋が固くなると頭蓋骨自体を押さえつけるような力が働きます。
例えば子供用の帽子を無理やり被るような状況になってしまいます。

つまり、僧帽筋や側頭筋を緩めるほぐしていく必要があります。
是非是非お試しください。

猫背が原因の症状

あなたはこんな症状に心当たりはありませんか?

こりや痛みなどによる不調

  1. 慢性的な肩こり、首こりがある
  2. 首の痛みや動きの悪さを感じる
  3. よく頭痛がする
  4. 頚部神経根症、頚椎ヘルニアである
  5. 手や腕の痛みや痺れがある
  6. 腕が上がりにくい、まわしづらい
  7. 50肩
  8. 野球肩
  9. 上肢の痛み、痺れがある
  10. 背中の痛み、はりこりがある
  11. 加齢による円背
  12. 肋間神経痛
  13. 腰痛がある
  14. ぎっくり腰
  15. 坐骨神経痛
  16. 脊柱管狭窄症
  17. ひざの痛みがある

その他の疾患、不調

2猫背.jpg
これらの不調を起こす原因に猫背が考えられます。
原因不明の疾患や不調は猫背が原因かもしれない

1