ホーム>店長ブログ>店長ブログ

店長ブログ

産後腰痛

今回は、産後腰痛の原因のお話です。

産後腰痛の原因は、産前つまり妊娠中から始まります。

妊娠によって女性ホルモンの分泌が止まり,かわりにリラキシンが分泌し

このリラキシンによって間接をゆるめます。産道をつくるために仙腸関節や恥骨結合が緩み

骨盤が開きそして、関節が緩んだため骨盤を支える筋肉がかなり疲労します。

このクタクタに疲れた筋肉で出産!!、さらに骨盤がさらに開きます。

もうこの時点で、体はガタガタですよね。

その状態のまま、子育てで抱っこだつたり、寝不足、無理な体制で寝たり、授乳

腰痛は、腰だけじゃなく股関節、お尻、背中、首の筋肉の硬結が原因です。

一度体のリセットが必要なことがお分かりいただけたでしょうか?

ぜひぜひお試しください。

kotubann2.png

 

産後骨盤調整

産後に骨盤が歪む原因は、出産によって骨盤が大きく開くことです。歪んだ骨盤は、産後数ヶ月かけてゆっくりと元の状態に戻ります。骨盤は正常な位置に戻ろうとしますが、妊娠や出産を通して左右のバランスが崩れていると、正常な位置に戻りづらくなるといわれています。

また、横座りや椅子での足組み、猫背、あぐらは体を歪める姿勢なので、産後2〜3ヶ月頃までにこれらの姿勢をとっていると、骨盤がさらに歪んでしまいます。

産後の女性のじん帯はとても柔らかくしなやかで、骨盤矯正やリフォームには絶好の機会です。基本的には、産後6ヶ月までに骨盤矯正を行うのがおすすめです。産後6ヶ月前後を過ぎると、骨盤のグラグラが少ない状態になり、ゆがみが強い場合は矯正するのが大変になることもあります。できれば、そうなる前に骨盤矯正を開始しておきたいですね。

kotubann.pngkotubann2.png

坐骨神経痛のしびれ

座骨.pngrizyou.png

梨状筋症候群による坐骨神経痛

お尻にある筋肉の中に梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉があり、

坐骨神経はこの筋肉の下を通っています。ところが、スポーツや仕事な

どで腰や股関節などに負担がかかり続けると、この梨状筋にもストレス

が及ぶことがあります。梨状筋の状態が悪くなり、坐骨神経を圧迫して

しまうと、坐骨神経痛の症状が現れます。

でも原因は、梨状筋だけではないんです。

座骨神経は仙骨から出て腓骨筋でひっぱられ症状が出ている為

お尻周辺とふくらはぎ周辺の調整が改善には、必要になります。

見落としがちな、腓骨筋が重要!!

腓骨筋は押圧でほぐしにくいので、筋膜リリースでゆるゆるにしていきます。

この技術は難しいので、店長のみとなりますのでよろしくお願いいたします。

 

四十肩、五十肩原因が肩甲骨!!

『四十肩・五十肩』とは?

 

四十肩・五十肩とは、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のこと。原因は完全に明らかにはなっていませんが、加齢により血液循環が悪化したり、筋肉、腱などの性質の変化が起こったりすることで、肩の周辺組織が炎症を起こして腫れや痛みが生じる疾患です。40~60代の人に多く発症するため、この名称が付けられました。最近では、生活環境の変化などで、30代で症状が出る方も増えているとも言われています。

と言われていますが、肩周辺だけを触ったり、電気をかけてもよくならないそんな方

この四十肩、五十肩!肩甲骨が原因の方めちゃくちゃ多いんです。

肩甲骨がガチガチになり、肩周辺の筋膜が引っ張られて腕が上がりずらい方めちゃくちゃ多いんです。

何度も言います。めちゃくちゃ多いんです。

肩甲骨、僧帽筋、斜角筋をゆるめるとかなり改善する方

めちゃくちゃ多いんです。

このキャンペーンを機会に

ぜひ一度お試しください。

肩甲骨はがし.png

肩甲骨はがし

肩甲骨はがし.png

最近、慢性の腰痛や足の痺れなどの症状の方が、たくさんいらっしゃるのですが

肩こりに原因があることが多いですね。
肩甲骨の動きと骨盤の動きは必ずセットになっています。

肩が内側に巻き肩になって肩甲骨が前に倒れてる人は、
骨盤は後ろに倒れて猫背になります。

ブログ画像

なので腰痛を改善するうえでは、肩の歪みをとることが
非常に重要になるという話です。
ぜひぜひ3月のキャンペーンをご利用ください。

妊娠中のむくみ

妊娠後期のむくみの原因

■原因1.血液量の増加によるもの

妊娠中は赤ちゃんにたくさん栄養や酸素を送らなければいけないので生理的に血液量が増加します。さらに妊娠中の血液は、赤血球などの血球を除いた血漿成分だけが増えるので血が薄くサラサラとした血液になります。

サラサラした血液になることで赤ちゃんにたくさん栄養を届けやすくしているのですが、血が薄くなることで血管の外に染み出てしまいむくみが起こりやすくなるのです。

■原因2.大きくなった子宮によるもの

妊娠後期になりお腹がさらに大きくなってくると、足の付け根を圧迫してリンパの流れが悪くなり、足がむくみやすくなります。長時間立ったままの姿勢を続けたり、疲れが溜まったりすることで、よりむくみが強くなります。
座りっぱなしも股関節が曲がるのでむくむ原因になります。

また元々運動不足で足の筋肉が弱いと、溜まった余分な水分を心臓に戻す筋肉ポンプがないため、むくみやすくなるのです。

 

妊婦さんに大人気のコース!!

racoon5 062.JPGフットコース!!

ぜひぜひお試しください。

 

 

頭痛のお悩み

その頭痛、肩からきてませんか? 緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛。 多くは肩こりが見られ、頭の後ろからてっぺんあたりがズキズキ。 「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれるほどです。

症状は、頭を締めつけられるような頭痛が持続的に発症。 「ヘルメットをかぶったような圧迫感」「はちまきで 締め付けられるようなギューっとした痛み」などと表現されるんです。 後頭部から首筋にかけて、多くは両側におこります。

症状が悪化していくと、稀に発症していた頭痛が、 頻繁に発症するようになり、その後は慢性的な頭痛になるんです。

 

このような症状の人は緊張型頭痛の可能性があるんです。
・首や肩がこりやすい
・ギリギリと頭をしめつけられるような痛み
・日頃あまり運動をしていない
・ぎゅーっと締め付けられるような感じ
・コンピュータや机などに向かうことが多い
・頭がバンバンに張ったような感じ
・こんつめ仕事が多い
・ダラダラと頭痛が続く(ほぼ毎日)
・目が疲れやすい、何もしていないのに疲れる
・軽い運動、入浴、などで頭痛が楽に
・肩こりや首の筋のこりと頭痛が一緒に
・後頭部を指圧すると楽になる
・後頭部から首筋にかけて両側がズキズキ
・休養、睡眠で楽になる
 
偏頭痛が出ている方は,肩と首と背中をほぐしてあげると
 
頭に血液が流れやすくなり楽になります。
 
ぜひぜひお試しください。

1月のキャンペーンクーポン

1515026537259.jpg

明けましておめでとうございます。

今回は、座り揉み!!

あの美容室や理容室でやってもらう座り揉み

気持ちいいですよね。

ぜひぜひご利用ください!!

 

店長ラジオ出演してきた話

IMG_2095.JPG

 

 

 

 

チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCF3lyTRRXFWYIh3kcvdyrWw?view_as=subscriber

12gatu.jpg

高木さん座骨神経通の話&木曜日のサービス

takagi.png

https://www.youtube.com/channel/UCF3lyTRRXFWYIh3kcvdyrWw/featured?view_as=subscriber

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11